ストレスチェックの費用について

MENU

労働者への配慮

ストレスチェックの費用について、産業医の先生が、大企業などには所属をしているケースがありますが、このようなケースでは、企業からの給与として産業医の先生に給与が支払われる形となっているため、所属としては社員と同じ扱いになっています。一方で、ストレスチェックなどを外部委託を導入するケースでは、メリットとして労働者が、職場の業務などを知らない外部の方に相談など、ストレスを抱えていることを打ち明けることで、ストレス軽減をすることと、実際に業務が適切に行われているのかを、相談しやすい形で社員の方がご利用することが出来ます。ただ、このような外部への委託については、実施に際して、当然ですが会社側が料金などを委託側に支払う形となっており、これは、会社で働いてくれている労働者の方たちが、少しでも心の辛さを軽減できるように配慮を行っています。また、人間関係などの問題についても、外部への相談先への方がしやすいという声があるため、会社側の義務として、労働者さんを守るために、このような外部への委託からの金額の請求を受けています。実際に、心に辛い悩みがあった時に、外部の専門家に相談やカウンセリングを行ってもらったところ、ぐっと良くなったという社員さんもおられるので、このように外部のカウンセラーさんや専門家の先生にお願いすることで、社員さんが元気になってくれることは、会社としてもとても嬉しく、大変に有難いことです。