ストレスチェック実施方法

MENU

従業員のメンタルケアをする方法

2015年12月から勤務先でのストレスチェック制度が義務化されました。これは近年増えつつある職場環境でのストレスによるメンタル的な疾患を防ぐための制度です。過剰な労働や人間関係などが影響して、うつ病や精神的疾患を抱える方が増えています。これは現代の大きな社会問題の一つであり、その防止を目的として厚生労働省がストレスチェックの実施を義務化したのです。今後、事業者は労働者の身体の健康を守ると共にメンタルヘルスケアの必要もあるのです。第一回目は2015年12年から2016年11月30日までに行う必要があります。そしてそれぞれの就業先で社内ルールや方法など導入前の準備をしてから行います。ストレスチェック実施方法はまず労働者に項目の記載された質問票に答えてもらいます。その結果を本人に渡すと共に、医師や実施者との面接指導が必要か否かを評価します。評価方法は個人と団体に分かれます。団体で評価した際に全体の負担が高ければ、職場環境全体の改善が必要になります。個人の負担が高い場合は医師や実施者との面接指導が必要になります。そして内容次第で仕事の軽減や環境改善など就業状況の改善が必要になります。また、これらのチェック内容や結果は毎年、労働基準監督署に報告する必要があります。ストレスチェック実施方法はこのような流れになっています。このような体制をとることにより労働者の心身の健康を守るようになっています。