ストレスチェックの義務化の対象について

MENU

ストレスチェックの仕

ストレスチェック制度は2015年の12月に義務化されました。この制度は法的に義務付けられたものであり、労働者の健康を守るための法律である労働安全衛生法の一部改正により、法律の施行以後は1年に一回以上の頻度で実施しなければならなくなりました。この仕組みは丁度健康診断における決まり事と共通している部分があり、会社が率先して実施の仕組みづくりを行わなければなりません。このストレスチェックは一般的には職業性ストレス調査票と呼ばれる質問紙を使用して行われる仕組みを持っています。コンパクトにまとめられているものの中にはA4のようし一枚に収めることが出来ている書式も存在しており、およそ5分程度の短時間で記入を終えることが出来る点も非常に評判良く利用されている理由であると言えるでしょう。この仕組みは大人数に一度に実施するのにも向いている仕組みであると言えます。業種によってはインターネットやイントラネットを利用してペーパーレスでの実施も可能になっているのです。このストレスチェックの対象となるのは常時50名以上の労働者を雇用している事業場の従業員です。内部で行う場合は別ですが、外部機関に委託してストレスチェックを実施する場合にはしっかりと契約を交わして行うことになるでしょう。その場合にはおよそ2週間程度の期間の間に実施することが必要であると言えます。そのためには綿密な準備をした上で実施する様にしなければなりません。