企業内のストレスチェック

MENU

労働安全衛生法の改正について

ストレスチェックとは労働安全衛生法の改正に伴って従業員50人以上の企業に導入が義務化されているもので、従業員の職場における心理的な負担の程度や内容を把握するための検査及び面接での指導のことを指します。事業者としてはこの結果を受けて従業員が上司や専門家に相談しやすい環境づくりを心掛け、適切な対応ができるよう努めていくことで、従業員が高いストレスや深刻な悩みを抱えたまま放置され、退職などの道を選んでしまうことのないように配慮していくことを目的としています。適正なストレスチェックを導入するために、企業には産業カウンセラーも設置しています。産業カウンセラーとはカウンセラーのなかでも職場における人間関係や雇用問題などからくる悩みをもつ従業員の心のケアやストレスの段階のチェックを専門的に行う方のことを指し、カウンセリング協会の全国各地の支部から派遣されて企業内部の問題解決に尽力してくれるスペシャリストです。企業内には様々な悩みやキャリアをもつ方々が勤務しています。個々に応じて適したサービスや対応のできるカウンセラーを配置し、企業としても個人の情報やプライバシーの保護を第一に考えながら、本人のお問合せ内容から必要に応じた本人との面談や専門医や専門機関などの外部機関との連携を図って万全なサポート体制を築いていくようにしています。ストレスチェックや職場でのカウンセリングは日本国内ではまだあまりメジャーではないですが、海外ではどこでも当たり前に導入しているシステムであり、自分の意見や思いを周囲を気にすることなく自由に述べることができる環境を国内の会社でも積極的に取り入れていく必要があるといえます。