企業が依頼すべきストレスチェック実施機関

MENU

メンタルヘルスの診断について

ストレスチェックは、働いている人に対して質問票を通じて回答してもらい、その成果によってメンタルヘルスが正常であるかどうかを判断するというものです。特に内面的なストレスは潜在的なリスク要因になるケースが多々あり、安全を重視する上でも重要ですし、悪化して鬱病などを発祥した場合には、直接的な怪我よりも大きな経済的損失となります。このためストレスチェックは企業が義務付けられている健康診断の一種ともいえます。ストレスチェックは平成27年に改正された労基法によって平成28年から一定の条件を満たす事業者において義務付けられています。一定の条件としては50人以上の労働者が常時働いている環境が該当します一方でストレスチェックを実施するためには、手続きを踏んで行う必要があります。実施前には、まずはストレスチェックをする意味を事業者が理解する必要がありますし労働者に対しても説明する必要があります。チェック自体はストレスチェック実施機関を通じて行うことで可能です。また集められたデータは解析されて実際にメンタルヘルスに問題がないかどうかチェックされます。問題がある労働者には、適切なケアをさせることが必要で保健師や医師などの直接の面接など受けさせて、必要に応じて就業上の改善措置を行う必要があります。いずれにしても、ストレスチェック実施機関に依頼すれば結果だけを知るといったことが可能で事業に負担をかけることを最小限にすることができます。