ストレスチェック実施時期

MENU

精神的な負担を減らす方

50人以上の事業所が行うことが義務化されたストレスチェックですが、気になる一つにストレスチェック実施時期があります。一般的には、身体の健康診断と同じ時期に行うのが妥当と言われています。ただ、ストレスチェック実施時期が本当に適当なのかは、会社によって異なります。年に一度だけ行い、報告する必要がありますが、一番落ち着いている時期を選ぶのも難しいです。ただ、この制度の目的はメンタル不全の社員を探すことではなく、自分自身が感じているかどうかを客観的に判断して、気付かせることです。そうなると、大変忙しい時期に行うのも厳しいです。ずっと忙しい会社もあるので、その場合はいつ行っても同じだといえます。しかし人事異動の多い4月や10月、決算時期で忙しい時期など、必ず忙しいとわかっている時期だけは避けた方が無難です。ストレスによってこころが病気になるのを、未然に予防することを促すための制度です。そのため、行うことが決まったときには、早めにそれに関しての教材やポスターなどを貼ったりして、従業員に知らせていくと無駄な混乱も避けることが出来ます。また、初めて行うときにも、あらかじめシステムなどを構築しておく必要があります。勿論、行ったあとも、データなどを取って職場の改善へとつなげることも大切です。母子家庭などだと、やはり負担も大きく病にもかかりやすいです。精神的な病気にかかるリスクなども、行うことで減らすことも出来る可能性があります。