ストレスチェックの実施頻度に関して

MENU

安全衛生法での義務とは

50人以上の労働者がいる職場では、現在、ストレスチェックが安全衛生法で義務付けられています。今のところ実施に関して罰則規定などはありませんが、実施頻度については年に一度が推奨されています。それでも、近いうちに法定健康診断と同様に、罰則規定が課せられる可能性があると言えます。定期健康診断は、従業員の健康状態の把握が目的としており、事業者が個人の検査結果を知ることに従業員の同意は必要ありませんでした。それに対して、今回新しく導入されたストレスチェックでは、基本的に1次予防としての位置付けなので、従業員自身がストレスに気がつくキッカケを提供するものだと言えます。それ故、従業員の同意が無ければ、検査結果が事業者に通知されることはないわけです。ストレスチェックの最終的な目標は、組織分析の特性を活かして、各部署の中にある問題を明らかにすることにあります。そして、生産性の低下に繋がる原因を取り除くことで、企業の生産性の向上が図れるわけです。ストレスチェックの実施方法としては、パソコンからいつでも行えますが、パソコンの入力環境がない場合には、紙の調査票による診断サービスを利用することができます。具体的にはパソコンでも調査票でも、一定数の設問に応える形式になります。その際に、事業所に検査結果を通知するかどうか選択することになります。情報は、全てシステム上で一元管理されるので、管理資格者以外はアクセスできなくなります。また、個々の情報に関しても、本人の同意を得ていない情報に関しては、医師や産業医、そして保健師等の有資格者以外は取得できないようになっています。