ストレスチェックの実施プログラムについて

MENU

心の健康を守る方法

ストレスチェックの実施プログラムについては、労働者の安全を守るために、複数の医師でストレスチェックが行われるものになっています。実施プログラムについては、既にうつ病になってしまった社員さんを主に対象に、職場に復帰をすることが可能であるかどうか、主治医の先生、そのうつ病になってしまった社員さんの主治医の先生とその会社の産業医の先生が、ストレスチェックの実施プログラムを行うことで、労働者の安全を守ります。また同時に、二度とその会社でうつ病などになってしまわないように、保健面での健康、心の健康を守るために、問題を起こしたとされる上司などがいる場合には、その上司がいない部署へ異動を指導するなど、人事部との関係も深めながら、プログラムを実施していきます。上記のようなパワハラを行ってしまう上司の場合には、簡単には意識などが治ってくれるものではなく、そもそも自分がパワハラをしているという自覚がないため、非常にやっかいであるとされています。そのため、過去に受けたパワハラの記録などを入力し、ストレスチェックなどの度合い、現在や過去の状況がどのようなものであったのかを入力し、産業医の先生と主治医の先生、また人事部などが連携することで、働く人のメンタルを守るという仕組みになっています。そのため、そう簡単には、復帰が出来ないようにストレスについてチェックの実施がされており、このことが社員さんを守ってくれるものとなっています